専門学校や大学を卒業していても、いい求人が見つからないなど何らかの理由で卒業と同時に就職することが出来ず、大学や専門学校を卒業しただけの人はいるのではないでしょうか?その人達が、何処かに就職することになった場合は、新卒生ではなく、一般的に二次新卒生という形で就職先はとらえてくれます。
また、何処かに就職したのだが合わずに辞めてしまい、学校を卒業してから三年以内に再就職をする場合でも、二次新卒として捉える場合が多いです。
そんな二次新卒ですが、企業にとって入社させる事にあたりどの様なメリットがあるのでしょうか?二次新卒の人を雇う最大のメリットは、彼らがしっかりと企業の事を調べているので、辞めにくくしっかりとした仕事をしてくれる事になります。
一度他の企業を辞めてしまった場合、前回と同じ結果にならないよう二次新卒の人達は入社を希望する企業の事をしっかりと調べる場合が多いです。
その為、就職することが出来ればしっかりと仕事を行ってくれ、多少の事では怯まず、仕事を任せられる様になるまで企業にいてくれる事が多いです全ての二次新卒の人が企業にとって優秀な人材とは限らない事は事実ですが、求人からとってみなければわからない場合もあります。
もしかしたら企業にとって非常に優秀な人材が面接に来てくれる可能性は否定できないので、面接に来てくれた二次新卒の人を良く見極め、雇ってみてもいいかと思います。