求人の募集をおこなう時、みなさんはどのような方法で情報を発信していますか?

就職・転職サイトなどを活用するのもひとつの方法です。
自社のホームページを持っているなら、求人募集の情報をホームページで発信することもできます。
そこで、今回は自社のホームページで求人情報を発信するメリットとコツを伝えています。
まず、メリットの1つとして、費用面があります。
外部のサイトに依頼すると、その分の費用が発生します。
自社ホームページであれば、ページの制作にかかる費用で発信できます。
さらに、ホームページからの応募の場合、自社へのエンゲージメントが高くなります。
就職・転職サイトなどで、多くの企業の中から気軽に選択して応募できるものに比べて、自社のホームページに訪れたうえで応募してくる人の「ここで仕事がしたい」という気持ちが強いといえます。
そんなエンゲージメントの強い転職者からの応募を、多く集めるためのコツは、ホームページ内に応募ページへのリンクを多く掲載することと、企業情報に関するページの充実にかかっています。
ホームページのどのページからでも応募ページへ遷移できるように、リンクを設置しましょう。
「積極採用中」などのテキストを入れると効果的です。
そして、企業情報はテキストだけが並んだページよりも、画像や社員のインタビューなどを掲載して働くイメージがわくようにすることが大切です。
一緒に長く働ける人と出会えるように、一度自社のホームページを見直してみましょう。